芸能人の葬儀

芸能人の葬儀

いかりや長介(コメディアン・俳優・ミュージシャン)さんの葬儀
いかりや長介。「長さん」は「ザ・ドリフターズ」のリーダーとして、1960年代から2000年代まで、長きにわたりお茶の間の人気者であり続けました。
 
キャリア初期は主にミュージシャンとして活躍。1966年には「ビートルズ」の武道館公演で前座を務めたことでも知られています。
 
1970年代からは「8時だヨ!全員集合」の開始と共にコメディアンとしての人気が爆発。当時、社会現象と言ってもいいほどのムーブメントになりました。
 
「8時だヨ!全員集合」は、「生放送」が基本。大がかりな舞台装置が用意され、入念に仕込まれたコントとメンバーの体を張った笑いで視聴者の注目を浴びました。人気絶頂時には、コンスタントに40%という視聴率を記録していたモンスター番組。「8時だヨ!全員集合」から、現在もよく使われる、数々の「流行語」や「ギャグ」が生まれたことは言うまでもありません。
 
いかりやさんといえば、
  • オイッスー!
  • いってみよー!
  • ダメだこりゃ
あたりですかね!
 
1980年代に入ると、裏番組に「オレたちひょうきん族」などが台頭し、「8時だヨ!全員集合」の視聴率も低下しましたが、それでも30%をキープ。番組が終焉を迎える時期も20%台をキープしていたといいます。ちなみに「8時だヨ!全員集合」が記録した最高視聴率は、1973年4月の放送で記録した50.5%。たしかにこの数字を見ると、20%台でも「人気が落ちた」と言えるのかもしれません。
 
1985年に全員集合が終わると、いかりやさんは、「ドリフ」以外に、俳優としてのキャリアを本格的にスタートさせました。俳優としてのブレークはNHKの大河ドラマ「独眼竜政宗」で演じた「鬼庭左月(おににわさげつ)」。コメディアンとしてのいかりやさんの真骨頂が、そのまま発揮された役柄で注目されました。
 
多くの人々の心に焼き付いている、いかりやさんの役柄は「踊る大捜査線」の「和久平八郎」ではないでしょうか?「踊る大捜査線」はフジテレビ系の連続ドラマでしたが、1999年には映画「踊る大捜査線THE MOVIE」も作られ、いかりやさんはこの作品で「日本アカデミー賞最優秀助演男優賞」を受賞しました。この「和久平八郎」の役柄は、コメディアンとしてのいかりやさんをしらない若い世代からも大きな注目を浴びました。年季の入った渋い演技が好評だったのですが、いかりやさんには「俳優としての自分はまだ駆け出し」的な意識があったようで、「踊る大捜査線」主演の織田裕二さんに、演技について教えてもらったというエピソードもあるそうです。
 
2000年代に入っても俳優、そしてコメディアンとして活躍。2003年にはドリフターズ結成40年を記念した「40年だよ!ドリフ大爆笑スペシャル」に登場しました。しかし、この時、既にがんが見つかっていて、ご家族には余命宣告があったそうです。いかりやさんのテレビ出演は、この「40年だよ!ドリフ大爆笑スペシャル」が最後になりました。2004年3月20日、いかりやさんは、がんにより亡くなります。74年の生涯でした。
 
いかりやさんの葬儀は3月23日にお通夜が、24日に葬儀式と告別式が行われました。
 
23日のお通夜には立川談志さん、植木等さん、堺正章さんなどの芸能関係者がかけつけました。お通夜の会場には、一般ファンのための献花台と記帳所も設置され、多くのファンが訪れたそうです。ファンの中には「8時だヨ!全員集合」を見て育った「ドリフ世代」が目立ち、お通夜の終わる頃にはどこからか「全員集合!」の声が上がり、涙を誘いました。
 
24日に行われた葬儀式と告別式には、ドリフターズのメンバーを始め、芸能関係者約800人、ファン約1万人が都内葬儀場に集まりました。お通夜には仕事のために訪れることができなかったドリフ最古参メンバーの加藤茶さんは、
 
長さん…。随分急いで向こうに行っちゃったんだね。あんた、最後の最後に嘘ついたよなぁ。去年の12月に『大爆笑』のオープニング撮るときに久しぶりに会って、「40周年の記念で『全員集合』と『大爆笑』、この2本撮りたいね」って。長さん「いいね」って、「やろうよ」って、そう言ったよね。うちのメンバー4人もその気になってたんだよね。だけどその約束を守れないうちに逝っちゃったね。
40年間一生懸命、一生懸命走ってきて絶対に妥協を許さない長さんだったよな。でも40年間本当に気を抜かないで一生懸命やってきたんだと思う。本当にご苦労さん。これから俺たち4人でドリフターズまだやっていくよ。あんたが残した、財産だからね。
 
と語りかけました。
 
なお、同じくドリフターズのメンバーである高木ブーさんは、葬儀の席で号泣しながら「バカヤロー!」と叫んでいたそうです。
 
喪主挨拶で長男の碇矢浩一さんは、
 
本当に親父はかっこいいやつでした。私の自慢の親父でした。
医者から余命宣告を受けまして、親父にはその事実を伝えることができませんでした。
と語ると、
本当に嘘をついて申し訳なかった。
と、いかりやさんの遺影に向かって頭を下げ、参列者の涙を誘いました。
 
出棺時、ドリフターズのメンバーらが運ぶ棺には、「踊る大捜査線」の台本と舞台挨拶の時に着用したジャケットが入れられたそうです。
 
棺をのせた車が動き出すと、人々から次々に、
長さん!
次、いってみよー!
オイッスー!
の声が上がり、故人を見送りました。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与